「心」を「脳」に取り換えて仮定してみてくだ | 続いてはあの日の雪が積もっている件






「心」を「脳」に取り換えて仮定してみてくだ

「心」を「脳」に取り換えて仮定してみてください。当書が著された江戸時代においてはそれ程理解されていなかったことですが、身体を統制しているのは、単刀直入にいうと脳であります。前頭前野を鍛錬させることは、利口になるということにもつながります。「聡明になる」というとハードな本を見たり頭にいれたり、という意識を考える方も多いかもしれません。
つまり、1日をきちんと24時間の周期で暮らすこと自体が、とっくに「脳で身体をコントロールしている」状況なのです。そうして、この体内時計を25時間から24時間に変えるために必要なのが「太陽の光」です。「概日リズム」と呼ばれる単語を知っていますか?概日リズムとは、おおよそ24時間周期を有する生体リズムのことです。
この「およそ」というのが手強く、内実は、人体は放置してしまうと25時間周期の生活のリズムになるようにできています。ただ今より「朝活」に取りかかろうと決心している方、「朝活」を始めたけれど何回も投げ出している方、問題ありません。
生活時間は自分でコントロールすることができる、ということがきっと伝わったと思います。