けれどもそれはあくまでも「知識をためている」ばかり | 続いてはあの日の雪が積もっている件






けれどもそれはあくまでも「知識をためている」ばかり

けれども、それはあくまでも「知識をためている」ばかりであり、前頭前野を活性化させて、ポジティブに考えたり、意思決定を下すのに効果的なのではありません。では、前頭前野はどうすれば鍛えられるのでしょうか?今日から「朝活」を始めたいと思い立っている方、「朝活」を始めたけれど何度も挫折している方、心配ありません。
生活時間は自分で操ることができる、ということがきっとおわかりいただけるはずです。
簡単にいうと、1日をしっかりと24時間の周期で暮らすこと自体が、とっくに「脳が身体を操っている」ことになっているのです。
なお、この体内時計を25時間周期から24時間周期に変更するために重要となるのが「太陽の光」です。
「心」を「脳」に差し替えてイメージしてみてください。
当書が著された江戸時代のときにはまだ特には理解されていなかったことですが、身体をコントロールしているのは、単刀直入にいうと脳であります。その手立ては、身体を運動させることです。活動すると、前頭前野が活発に働きます。はじめに起床して身支度などの行動を起こすことで脳を起こしましょう。『養生訓』では続いて、身体を動かして代謝をあげることは、前頭前野をアクティブにして、知的になることにも結び付くのです。