ご馳走の代表格である蟹。しかし蟹を美味しく頂くには | 続いてはあの日の雪が積もっている件






ご馳走の代表格である蟹。しかし蟹を美味しく頂くには

ご馳走の代表格である蟹。
しかし、蟹を美味しく頂くには、ご家庭でも、正しい手順で調理する必要があるのです。蟹の代表的な食べ方といえば茹で蟹ですから、蟹をうまく茹でるための方法に精通するのに全てがかかってくるといえます。では、そのコツとは何か。それは、単純なようで大事なことですが、大きな鍋を使うことなのです。たっぷりのお湯に蟹がまるまる浸かるようにするのです。そのやり方なら失敗せず、美味しい茹で蟹を味わうことができます。師走の声を聞くと食べたくなるもの、人それぞれあるでしょうが、私の場合、かにがそうです。
近年ではすっかり定着した習慣になり、嬉々として通販での注文をし、様々な産地や種類のかにの食べ比べをしています。
ただいつも困ってしまうのが扱う店の多さです。毎年どのお店がいいのか目移りしてしまいます。堅い殻に覆われていても中身は生ものでデリケートな高級品ですし、何といっても安いものではないので、どれだけサービスしてもらったとしても、やはりそこそこのお値段はしますから、払っただけのことがあったと満足できるものであって欲しいです。そこで結局は口コミの評価を見られるだけ見て、その中で一番評価の良かったところを選ぶと、安心して買い物が出来ますね。
実際に蟹通販を利用する場合、活きた蟹とボイル済みの蟹、どちらを買ったものかと迷う方もいるかもしれませんが、蟹をどう食べたいかによるとしか言いようがありません。
たとえば、蟹鍋であれば、茹でて殻を剥いてあるポーションタイプが適しています。
一方、蟹しゃぶで召し上がりたい場合、生のまま冷凍したものか、活きたままの蟹がいいでしょう。
蟹の味わい方によって適した商品も変わってくるので、それを意識すれば、自分のニーズに合った蟹を、通販でお得に買うことができるのです。
通販は不安なので事前に口コミを参考にしたいという方は多いでしょうが、蟹通販に関する口コミは溢れ返っており、困惑します。
ECサイト(楽天市場やアマゾンなど)のユーザーレビュー欄で見られる多くのレビューはもちろんのこと、ブログなどでも蟹通販の口コミをまとめたところがあるようです。
一つ一つ読んでいくことはほぼ不可能ですね。
そうなると、役に立つ情報はどうやって選べばいいのでしょうか。ネット上の口コミはしょせん、主観に過ぎません。それより、取引実績のちゃんとしている業者を選ぶことです。
そうすれば信用できる業者から蟹を買うことができますね。
この時期に美味しくなる渡り蟹は、横長の体を持つ蟹で、正式にはガザミといい、かつては東京湾でも獲れたそうです。
現在では有明海や瀬戸内海などに分布していますが、最近は国産に加えて中国などの輸入品も多く出回っています。最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、肉や蟹ミソ、卵巣など蟹の醍醐味を全て味わえることから、古くから愛され、かつては食用の蟹といえば渡り蟹を指していたほどでした。
様々な食べ方が楽しめる渡り蟹。中でも茹で蟹や蒸し蟹にして食べるのが基本的な楽しみ方です。また、蟹汁に使われたり、最近ではパスタのレシピにもよく登場します。