それとなく、気がついたら、それが、内情。 | 続いてはあの日の雪が積もっている件






それとなく、気がついたら、それが、内情。

「爪切り」て、ポイント逃すと、結構、できないものですね。
晩、在る爪が、気になり「切らなきゃ」って、思うんですが。…ミッドナイト、爪を下回るという、親の死に目にあえない…て、ゆう箴言が、頭に浮かんできて、辞めるんです。けれども、「ハッ」として、その時、気がつくのはですね。「あ、父ちゃんも、女子も、この世に居ないんだ」て、事です。苦笑しながら、受け取る減退霊感。最近の話しです。母親が他界して、年間。父が他界して、三ご時世。
肥えるために、薬屋で粉ミルクを買ってきました。直ぐにお湯で溶かして呑みました。風味はスキムミルクものの、脱脂粉乳ものの、卵ボーロものの大層コピーのできない風味で、ちょびっと甘味があります。おいしいともおいしくないとも言えません。粉ミルクを一日に最低でも六杯以来呑み、とことん短期間でウェイトを増やしたいと考えています。ですが、粉ミルクだけではそんなに太れないと思うので、食品のカリキュラムも高カロリーなものを手広く食べようといった計画しています。また、四六時中粉ミルクを飲んでいると飽きが来てしまいそうなので、ココアを入れるなどの構想をしなければとしている。ウェイトプラスにかけてそろそろ頑張ります。