なぜなら買取店の場合は買取を行うことを想定 | 続いてはあの日の雪が積もっている件






なぜなら買取店の場合は買取を行うことを想定

なぜなら、買取店の場合は買取を行うことを想定して鑑定するので、買取額に不満足な場合以外は売却することを前提に依頼をすることになるといえます。1960年以降に販売されたわりと新しめの切手は、額面より安い金額での買い取りとなるケースが多くみられます。
詳しく述べるなら、切手の額面が50円以上ならば7割程度となります。
切手は単品の場合よりもシートの方が高額で売れる場合が多いです。小型シートの場合でも、バラよりは高価な額で売れます。
切手の買取の場合は古物商に分類されているので、古物営業法で定められた店舗でなければ売却は不可能です。送っている最中に切手が傷つくことがあるので、厚紙を当てるなどして保護しましょう。
とりわけ希少度の高めの切手の場合傷がついてしまうと鑑定の額が大きく下がることがあるため気をつける必要があります。また、それぞれのシート及び切手をビニールを使い十分に密封されているもののほか写真を保管するアルバムに保管されていたものは買い取りの対象にならないことがあります。