ジビエが傍ら | 続いてはあの日の雪が積もっている件






ジビエが傍ら

田舎ぐらしの良いところは、物々交換がさかんな要所。
先日は知りあいの猟師ちゃんから、イノシシ肉と鹿肉をいただきました。最初のときは猟師ちゃんも僅か拒絶がちでした。「災難でないならいいんだけど」って。
さほど田舎では世論がない贈呈のようで、ゲテモノ扱いやる方もいるみたい。
いえいえ、ワタシは大歓迎! ゲテモノじゃないよ、ジビエだよ! 食堂で食べたら良いんだよ!
こういう申し立てに猟師ちゃんも喜んでくださったようで、ちょこちょこ分けてくださるようになりました。
このあたりでは、鹿肉はシンプルに焼き肉に、イノシシは味噌仕立ての鍋にすることが多いようですが、我が家では赤ワインというトマトというプレッシャー鍋で煮立て、シチューのようにするのが宝物。
鹿肉は赤身でわりあいあっさりしていらっしゃる。鉄分が多いらしきのも嬉しいですね。
最近のことなのかわからないけど、ストリートゆく人のコーデが、地味になっている気がします。
フォルムに関しては、昔はなかったチュニックなど新しい形の被服がとっても増えて。それはフリーで良くなったというのです。
ただ、色は昔よりも圧倒的に限られてはおるような気がするのです。
黒・紺・白・カーキ・グレー茶色ばっかのように思えます。
添えカラーとしてすみがエンジとかブルーもありますが、初めはモノトーンならばまるで律儀といった特有だ。
なので、たくさんの人が集まっていたら、型はさまざまで広範に富んでいるんですが、色はほぼ同じなので、
パッと見たら皆おんなじ被服を着ている景色なのです。