バブル時代も海外から非難されるほど | 続いてはあの日の雪が積もっている件






バブル時代も海外から非難されるほど

バブル時代も、海外から非難されるほど働いている時間は長く、社員の自由な時間に入り込んでくる風潮もよく見られました。労働時間の長さだけなら、日本企業はかつてより変わらないと思って良いでしょう。
ですが、昔の日本型経営の場合、働き手は企業にがんじがらめにされる代わりに、それに相応しい見返りもありました。
例えば、不況になったとしても解雇されない「終身雇用」というシステムが前提となっていました。
ベンチャー企業と同様に以前からの会社でも労働組合との繋がりが薄くなり、長時間働かせたり、大規模なリストラ、さらには相手の嫌がることを行い辞職の強制も目立っています。ブラック企業のディフィニッションとして「ベンチャー企業」を挙げる方がいます。
なので、以前よりある中小企業はブラック企業ではありません。
言われるように、新興企業は採用のスピードを大きく超える速度でぐんぐん成長しているブラックになる可能性が高くなります。
また、保障がよく給料が満足できるものならブラック企業ではないのか、という疑問が残ります。
たとえ待遇がよかったとしても、死ぬまで働かせるのでは全く意味がないのです。
そのようではどれだけ良い保障でも無駄です。