ブラック企業で働くことを事前に免れるための基準は | 続いてはあの日の雪が積もっている件






ブラック企業で働くことを事前に免れるための基準は

ブラック企業で働くことを事前に免れるための基準はそこそこあります。
バロメーターとなる情報を可能な限りかき集め自分なりに検討すれば、リスクの高い会社を選択肢から外すことは出来るでしょう。
統計では見えにくい一面もあるけれども、理系を専攻している学生のもっぱらの就職先となっているIT(ソフトウェア開発)業界も、労働者から見ると、危険性のある業界のひとつと言えるでしょう。
特に注意したいのがテンションの高い会社です。働いている人たちが揃ってキメている写真を利用していたり、むやみに「気合」「根性」「感動」などの不明確な目標をかかげている会社は注意すべきでしょう。そういう企業はノルマが厳しく、プレッシャーを感じることが多い傾向があるため、まずは「業種」が判断基準です。どんな業界に多くブラック企業が存在しているのか偏りを見てみましょう。過労死者が多くみられるのは飲食業です。
厳しいスパルタな指導の様子がメディアで紹介され、責められた事例もあります。また小売の世界では、大手アパレルの離職率が半数になることが報告されています。それらのように、飲食・小売りはブラック企業がたくさんあるというのが世間一般のイメージとなっていると言ってよいでしょう。