ブラック企業として「ベンチャービジネス」という | 続いてはあの日の雪が積もっている件






ブラック企業として「ベンチャービジネス」という

ブラック企業として「ベンチャービジネス」という事があります。すなわち、伝統的な経営をしている中小企業はブラックではないのです。確かに、ベンチャービジネスは求人のスピードをはるかに上回る速度で成長しているために、ブラック労働を強いてしまいがちです。
昔は、企業は「ご恩」という名のしっかりとした保障を約束していました。したがって、働き手も「奉公」として自由な時間を侵されることに辛抱してきました。しかし、最近登場したブラック企業は見返りなしで長時間の労働を強いているのです。
また、保障がよく賃金が良ければブラックとはみなされないのかという疑念もあります。とは言っても、いくら良い待遇だったとしても一生働きづめでは意味がありません。それではいくら保証されていてもなんの価値もありません。ですが、この主従関係は不景気になってから出現したブラック企業には見られません。
業績と関係なく首にするのも普通です。
もともと、長期間雇用など想定していないように感じます。しかしながら、事実以前からある企業にも明らかにブラックである会社は増えてきています。
残念なことに、大手の家電メーカーでも、ここ数年で連続して長時間労働が問題とされています。