一つ目の判断基準は「業種」です。どういった業界に | 続いてはあの日の雪が積もっている件






一つ目の判断基準は「業種」です。どういった業界に

一つ目の判断基準は「業種」です。どういった業界に多数のブラック企業があるのかを見てみましょう。
過労者が出ているのはやはり飲食の世界です。
激しいスパルタ教育の様がメディアで取り上げられ、批評された事例もあります。
数量では見えにくい面もございますが、理系を専攻している学生の大事な就職先であるIT業界でも労働者から見ると、危険性のある業界に入ると見てよいでしょう。さらには小売の業界では、大手アパレルの会社を辞める人の率が50%であることがニュースになっています。
それらのように、飲食や小売りの世界はブラックとみなされている企業がよくあるというのが世間一般の印象となっていると言ってよいでしょう。
ブラックな会社が「うちはブラック企業だ」と自らいうことはまずないですが、その組織の求人広告を探してみると、ブラック会社ならではの宣伝文句を探し出すことが出来るでしょう。
飲食や小売業と同じくベンチャー企業や急成長の企業が多いこれらの企業では、労働法を守る想いが業界全体であまりない傾向にあるほか、コンピュータを相手とする孤独な作業を強いられるプログラマーのSEの仕事は、ほかの仕事と比べてもうつが発症する危険性が高いと言われています。