北国といった西日本の木の違い | 続いてはあの日の雪が積もっている件






北国といった西日本の木の違い

北国で育ちました。今もじゃっかん北全国寄りの場所に住んでいる。時折西日本に行くという、木の情勢がある程度違うことに気付きます。なんというか、西日本の木は北国の木について、緑色が濃いようです。木の樹冠ももさもさした感じです。北日本でよく見る木は、緑があっさりした彩りで、葉っぱも細かめなものが多いような気がします。
樹原材料でいうとどんな違いがあるのでしょうか。西日本で思い切り見かけた木のひとつがクスノキだ。これは北日本では概ね見かけません。そうしたら、西日本でよく見かけるもさもさした木は、コナラなどのドングリがなる木のようです。樹原材料が違うと、パッと見たときの林の印象が結構違っていて面白いだ。
夏に子どもたちが川で捕ってきたメダカが、赤子ラッシュだ!牝ははじめ匹しかいないのに、一体何個卵を産んだのか・・・。せめて40匹はふ化しましたよ。まったく赤ちゃんでメダカどうも何どうしても思い付かくらいのがたいだから悪い入れ物で充分なんだけど、これが順調に育ったらマンションは水槽をいくつプラスすれば良いのだろうか・・・。
捕ってきた子どもたちは流石世話をせず、自分が囮やり・メンテナンスをやる羽目になってしまったのだけど、毎日のようにメダカたちを見ていると言わば愛しく思えてきてしまいました。メダカ赤子たちよ、元気に激しく育つのだよ!