寒くなり始めると太い靴下が露出 | 続いてはあの日の雪が積もっている件






寒くなり始めると太い靴下が露出

秋になり足が冷えるようになってきました。健康はそこまで冷えないので軽減最高峰やセーターを着て家事をすることはないのですが、足だけが冷えるのです。歩いている時は足が冷えたりしても動いているので大丈夫なのですが、家事をしている時は立ったまましているので何より冷えるようです。そのためあたしは秋になると太い靴下を履いている。当分の間はこういう太い靴下にお世話になりますが、昨年はじめ枚破けてしまったので今年はどこかではじめ枚買わないといけません。ゆっくりしていると冬場本番になってしまうので早めに見つけて買いたいと思います。
うちの父は、視力の症状でほとんどまぶたが見えておらず、実質何もやっていません。
冬に入ると、ヒトが文字通り来ません。時季ではないので。となると、いよいよ、疾病を通していようが、症状があろうが、繋がりはない、そこに手数を求めない程度の商売なのだという事だと思います。
車いすの手法は分かりませんが、うちの父はアスペルガーで、片耳が難聴で、トゥレットで、更に視力が両岸で0.06ですが、大いにメイドやっていますし、リストラは言われません。
その程度といえば、とにかくその程度ですし、元失業であっても勤まるような思いはする。