蟹をさばくのは難しいものです。活蟹のさ | 続いてはあの日の雪が積もっている件






蟹をさばくのは難しいものです。活蟹のさ

蟹をさばくのは難しいものです。
活蟹のさばき方を簡単にご説明します。
はじめに、まな板の上で蟹のお腹側を上に向けます。
そして、腹部にあるはかま(ふんどし)に指をかけ、これを剥がしていきます。
甲羅に傷が付かないように気を付けながら、包丁で腹を二つに割ります。
すると、やや力は要りますが、簡単に脚を胴体から取り外せます。
ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。
これらは食べられません。
蟹みそがこぼれやすいので、あらかじめかき出して甲羅を入れ物にしておきましょう。
これで解体は終了です。さらに、脚は包丁や調理ばさみを使って関節で切り離し、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておくのが上手な調理の仕方です。
よくお得で便利だと言われる蟹通販。その利用時に、どうしても疑ってしまうのは、蟹が新鮮かどうかわからないということだと思います。
皆さんがこれまで蟹通販で蟹を買ったことがないのなら、あまり新鮮ではなさそうな印象を抱いているかもしれません。でも、それは誤解です。現実には蟹通販の蟹は十分に新鮮だといえます。
蟹通販の蟹は大抵の場合、漁場からの直送ですから、スーパーなどの店頭に並んでいる蟹と比べてもむしろ新鮮さにおいては優っていることが多いのです。
絶品の蟹を楽しみたい場合に、店や通販で売っているものを買う以外にも、温泉へ行ってしまうというやり方です。
中には蟹で有名な温泉地もあるからです。ですから、蟹が獲れる場所に近い温泉地に行けば、いいシーズンであれば、蟹も美味しく食べられて、温泉も楽しめる、そんな体験ができるでしょう。ただし、温泉であればシーズンは関係ありませんが、時期を選ぶのが蟹ですので、行く時期を選んでください。種類にもよりますが、かなり大きい冷凍かにもあるので暖かい室内で解凍する方もいるようですが、かにをおいしく調理するためには解凍は十分時間をかけましょう。かにを上手に解凍するコツとして忘れず行いたいのはいきなり暖かい室内に出すのではなく冷蔵庫で時間をかけて解凍することです。これをきちんと守れば差は歴然なので、だまされたと思ってやってみてください。
つい最近利用したばかりだったので、聞いた時に驚いてしまったのが、ここ最近被害の訴えが多く出始めたという、通信販売によるかにの送り付け詐欺だそうです。
その手口は様々ですが、共通しているのは、アンケートに協力させてこちらの対応を伺い、巧みにかに通販へと誘導していくことです。
対応を誤ると、言葉尻を取られ、かにを契約したことにされてしまい、何日かたって、目玉の飛び出そうな値段と思われる大ぶりのかにが届き、中に入っている請求書にあ然とします。
返品しようにもクーリングオフの対象外と断られ、泣く泣くお金を払うことになってしまいます。
それとは違うケースに、最高級のかにだとカタログに記載し、購買欲をそそる写真を載せながら、産地偽装どころかとんでもない安物傷物のかにを送ってくるというのもあり、これはよくある話だといいます。
許せませんよね。
このような詐欺にあうことなく美味しいかにを楽しむには、日頃からの情報収集が肝心です。