UFOキャッチャーで参る地点 | 続いてはあの日の雪が積もっている件






UFOキャッチャーで参る地点

所帯が、UFOキャッチャーにハマってある。
なので最高峰窮するのが、ゲットしたぬいぐるみやマスコットたちのスポットだ。
こないだなんて、超巨大な本番気質のぬいぐるみを持って帰ってきたんですよ。
一回で獲れた!なんて自慢するのもいいですが、後のことを考えてほしいものです。
取り敢えず大量にあるので、どうしたものかという処分に心から困ってある。
ぬいぐるみってフワリで可愛いですし、情が移ってしまって捨て去るに捨てられないんですよね。
そのため、我が家のタンスや押し入れの当事者はぬいぐるみの詰まった段ボールだけですが、見て見ぬふりをするデイリーだ。
幼子が進学するので、勉学リミットのガッツリを揃え始めました。
体操服や制服など、備え付ける件数はかなりのものだ。
も、中には「それ、新品を買わなきゃダメか?」的ものがあり、買う気が損なわれるものがあります。
その最たるものが通学靴。
白いスニーカーなのですが、お値段は悪いのでそこは良しと決める。
しかも多少、厚底になっているので豪雨が降っても濡れて不快な思いをすることもなさそう。
しかし、全てが古臭いビニル元凶でできているので、形態がダサいったらありません。
イマドキの輩がこれを履かされると思うと、涙が出るほどに。
師範、これっていよいよなりませんか?と言いたい。